sidebtm

美味しさの理由

ミャンマー・ラオスと国境を接する、タイ王国最北部に位置するチェンライは、かつてタイ北部を統治していたランナー王朝の最初の都があった場所です。市内には貴重な文化財である美しい寺院や文化施設が数多くあります。

「ピーアンドピーこめや」のオフィス及び精米工場は、チェンライ郊外の観光名所として名高い白いお寺「ワット・ロンクン」のすぐ近くにあります。

また、チェンライは豊かな自然にも恵まれたところで、気候は涼しく、水がきれいで稲作に大変適した土地柄です。

「ピーアンドピーこめや」では創業以来13年間、タイ国内でにおいての日本米製造メーカーの先駆けとして日本米作りに携わってきた「株式会社 こめや」のノウハウを継承し、2年前に組織変更後も、チェンライ近郊の農家と直接契約し、安全で質のよい、しかも美味しい日本米を消費者の皆様にお届けするために、日々さらなる研究努力を重ねています。定期的に日本から米づくりの専門家を派遣し、助言指導を行っています。

お陰様で、多くのお客様から日本米なら「こめやの米」とご指名いただけるようになりました。

「こめやの米」美味しさの理由

  • 1チェンライ近郊のきれいな環境の下で、太陽の光、清流の水、肥えた土壌など、自然の恵みをたっぷり受けて、健康な米に育っています。
  • 2「ピーアンドピーこめや」では、契約農家で栽培する稲について、田植えから収穫まで、生育経過を観察し、一軒一軒の農家とのコミュニケーションを大切にし、きめ細かく対応しています。
  • 3収穫後、弊社精米工場に持ち込まれた米は、日本米の美味しさを十分引き出せるように、日本製の乾燥機、精米機を使用し精米しています。
    また弊社独自に研究開発した方法で、日本米の持つ美味しさを逃さないように、細心の注意を払っています。
    この段階が「こめやの米」の美味しさの最も重要なポイントです。
  • 4精米は注文を受けてから行います。精米後の米は冷蔵保管し、新鮮な状態で発送できるよう、精米から出荷まで最短の日数で行っています。
  • 5収穫後の米については、どこの農家で育った米であるかを、出荷後も追跡調査できるよう、製品管理を徹底しています。

ページの先頭へ戻る